レディー
`

整形で若くなろう

手術

どんな医師に診てもらうか

深いしわがあると、老けた印象になってしまいます。特に、頬のたるみなどによって引き起こされるほうれい線が深くなってしまうと、老けた印象は強くなるでしょう。治療によってほうれい線を目立たなくすることができます。治療法は一つではありません。美容クリニックによっても違いがあります。特に気をつけたいのは医師の腕です。ケガや病気の治療でも医師の腕は気になりますが、美容関連であってもまったく同じことが言えます。医師の腕が良いか悪いかによって、仕上がりに違いが出てしまうからです。思った通りであったり、思った以上の結果になることもあれば、あまり良い結果にはならないこともあります。医師との関係性が良いか悪いかにも左右されます。無料カウンセリングで話しやすい医師であれば、意思疎通がうまくできるでしょう。話しにくい医師の場合は、自分の希望を思うように伝えられなくなってしまうので、理想とは少し違う結果になることもあるかもしれません。医師の腕は、自分の願いをかなえるかどうかにもかかってきます。ほうれい線を消したい、目立たなくしたい気持ちをどうかなえてもらえるのかを考えて、美容クリニックを選べば理想の顔に近付けるでしょう。

特徴的なこと

具体的にほうれい線はどうやって治療して目立たなくすることができるのか、特徴を知っておきましょう。メスを使って余分な皮膚を切除し、たるみを解消する方法があります。もちろん、メスを入れる場所は生え際などの目立たない場所です。だから、メスを入れても傷跡はほとんどわかりません。たるみもほうれい線も改善されます。糸を使ってたるんだほほを持ちあげてしまう方法もあります。ほほが持ちあがるのでほうれい線が自然とわかりにくくなります。糸を使って持ちあげるだけなので、こちらの方が治療しやすいと感じるかもしれません。注射する方法もあります。ほうれい線に直接ヒアルロン酸やボトックスを注射します。これだけでほうれい線が目立たなくなります。もっとも簡単にできる治療法でしょう。簡単な治療である注射は数か月程度は効果がありますが、それ以降は効果が薄れていきます。糸でほほを持ちあげる方法は、糸が切れないように気をつけましょう。それぞれの方法にメリットもデメリットもあります。治療する前に、どんなメリットとデメリットがあるのかを知っておいてください。休みが取れにくい忙しい人は、ダウンタイムがどれくらいあるのかを知っておいたほうが良いです。