レディー
`

シワやたるみを消す

注射

気をつける点

ほうれい線治療は加齢などによって口元の横に出来るシワを消す事です。口元の線は笑った時に出来ますが、加齢と共に無表情の状態でも線が出るようになります。ほうれい線は徐々にくっきりと濃くなっていくように感じるので、マッサージクリームなどを塗りこんでケアする方も多いです。ほうれい線を伸ばすようにケアする事で多少は消えたようになりますが、シワが深くなっているのは頬肉が下がる事が原因です。ですからシワを伸ばすよりも周りの皮膚のハリを良くしたり、頬肉を持ち上げるようにすると効果的です。ほうれい線治療では線の部分にヒアルロン酸やボトックス注射をしたり、頬肉を持ち上げるなどの手術があります。注射の治療なら手軽に出来ますが手術だと準備や術後ケアも必要になるので、ほうれい線の程度によって方法を選択するようにしましょう。口元は顔の中でも目立つので、ヒアルロン酸などを注入しすぎると見た目ですぐ気づかれやすいです。最近では美容の注射は認知度が高くなっているので、違和感があると治療した事を知られる可能性があります。上手なクリニックでちゃんとカウンセリングをして、無理せずに少量ずつ入れるようにすると自然な仕上がりになります。

これからの予想

ほうれい線治療は女性に人気ですが、最近では男性もするようになりました。ほうれい線治療だけでは無く、シミ取りなどのスキンケアも行う人も多く、美意識が高い男性が増えています。また、夫婦でクリニックにカウンセリングを受けるというケースもあります。頬肉がたるむのは性別に関係ありませんが、違いがあるなら骨格や皮膚の厚さなどがあります。日本人に多い面長の骨格は、加齢により口元にシワが出来やすいです。また、皮膚の厚さが薄い人も多いのでほうれい線が目立ちやすい特徴があります。肌のコラーゲンが減少するとハリが無くなってくるので、上部の皮膚の重みを支える事が出来なくなってきます。肌細胞が衰える為に新しい肌の生成が弱まる事が知られていますが、皮膚の再生医療を行う事で減った細胞を補えます。自分の皮膚から細胞を取り出して増殖させ、減少している皮膚に戻すのは副作用が少ないので注目されています。本来の肌の働きを取り戻せるのでハリがアップする効果が期待出来ます。増やした肌細胞を移植するので皮膚の厚さもアップし、たるみ防止にもなってほうれい線が目立たなくなります。肌の再生医療や手術によるほうれい線治療は高額ですが、気軽に出来るのは美容注射です。自分の求める効果など総合的に考えて選びましょう。